2012年05月18日

Celtics-76ers Game 3 / Lakers-Thunder Game 2


____________________________
____________________________

Celtics-76ers Game 3、
107-91でCelticsがここに来て圧勝です。

好調が続いているKGが27点/13リバウンド、
Rondoが23点/14アシスト、
そしてPierceも24点/12リバウンドの活躍。
オフェンスでは特にRondoのパスセンスが光りました。

Celticsの主力の活躍に対して、
76ersは20点以上がYoung(22点)だけ。
前試合で最後に決めたTurnerは
1-10FGで4点と散々でした。
オールラウンダーのIguodalaも10/4/2と振るいません。

76ersがホームで負けたのは4試合ぶりでした。
次の試合は76ersが勝って2-2のタイに戻る気がします。




Lakers-Thunder Game 2。
75-77でまたもThunderの勝利です。

Game 1のような大差はつきませんでしたが、
Lakersは最後の最後で逆転負けしました。

残り2:09時点で75-68で
Lakersが勝っていたにも関わらず、
なんとそこから9連続得点され、
Lakersは1本も決められず75点で終わります。
これほど酷い終わり方があるでしょうか・・・
ある意味前試合よりも残念さの残る試合となりました。
最後のシュートはKobeに打たせることが出来ず、
オープンだったBlakeが外して、
そこで実質試合終了となりました。

Statsとしては、
LakersはKobeとBynumがそれぞれ20点、
Gasolが14点でしたが二桁得点はその3人だけだったのと
二桁リバウンドがGasolだけというのが
痛かったところです。
Sessionsがたった2点というのも、
ディフェンスで頑張っているとはいえ少なすぎます。

ベンチも2人しかスコアしていなく、
そもそもベンチの起用が少なすぎるのが気になります。
プレイオフで強さを発揮するのは、
今のSpursのようなバランスのいいチームだからです。

Thunderは今回はLakersのディフェンスに苦しみ
ロースコアにこそなりましたが、
やはり最近は終盤に強いです。
Durantが22点とWestbrook15点で
さほどハイスコアではありませんが、
プレイの効率が良いです。
(WestbrookはTOゼロで、確かシリーズ通して合計1です。)
Ibakaの7ブロックも強烈でした。

Lakers、とても雲行きが怪しくなってきました・・・
ずっとLakers一筋で来ているKobeも
キャリアを通して0-2スタートのシリーズは、
1-7という成績です。
まずは次の試合に勝って望みを繋げて欲しいところです。

ちなみに個人的には
もしSpursが勝ち上がってきたら、
LakersならSpursに勝てても
Thunderは勝てないと思っています。

さて、明日はHeat-Pacers Game 3と
Clippers-Spurs Game 2です!

BoshのいないHeatにどうPacersがつけ込んでくるか。
体力回復したClippersはSpursに一矢報いられるのか。
注目です。
____________________________

ブログランキングにご協力ください!
ブログを続ける励みになります!
こちらをクリックするだけ
   ⇒にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへにほんブログ村
____________________________


posted by mas at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | NBA全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。