2012年05月16日

Lakers-Thunder Game 1 / 76ers-Celtics Game 2


____________________________
____________________________

Lakers、見ていられませんでした。。。
90-119でThunderの勝利です。

MWPとHarden、
FisherとLakers、
そしてRegular season最後まで得点王争いをしていた
KobeとDurant。

様々な因縁から大注目のこのシリーズですが、
フタを開けてみたらThunderの圧勝でした。
Lakersは前シリーズGame 7まで続いた死闘から
疲労が溜まり過ぎて足がついていきません。

ThunderはWestbrookが
27点/7リバウンド/9アシスト、
Durantも25点/8リバウンド/4アシストで
期待されていた通りの働きでした。

ハーフタイムで15点差だった試合は、
後半開始直後から更に
Thunderのダンク、スリー、雨あられの
15-2 runで早くも勝利をほぼ決定づけられてしまいました。

Lakersの方は
KobeとBynumが20点ずつでしたが、
後半はほぼ敗戦が決まっていたためベンチでした。
Gasolに至っては10点/7リバウンドと、
前試合で明らかに力を使い果たしてしまったようでした。

Lakersは少し体力を回復して、
Game 2に今回の反省を活かしたディフェンスをしないと
Thunderの勢いは止まりそうにありません。

ちなみにKobeはこの試合が
プレイオフ216試合目の出場となり、
NBA歴代出場試合数でShaqと並び第3位になりました。



76ers-CelticsのGame 2。
またも大接戦でしたが、
82-81で76ersの勝利です。

Turnerが残り40.4秒で逆転レイアップを決め、
最終的にそれが決勝点となりました。

76ersは今回は最後に勝負強さを見せることが出来て、
Holidayの18点と筆頭に
いつもの彼ららしく4人が二桁得点を挙げています。
3QのIquodalaのダブルクラッチも凄かったですね。
(ハイライト的には上の動画の1:00あたり)

対してCelticsは、
Rondoが8点/7リバウンド/13アシストと
またもあわやトリプルダブルという活躍で、
KGも15点/12リバウンドでしたが、
Pierceが7点に抑えられています。

Ray Allenは17点取っていますが、
やはりこのチームはPierceが得点することで
周りも活きてくる傾向にあるので、
その点に次の試合以降期待です。

とてつもないシリーズになりそうですね!

さて、明日はPacers-Heat Game 2と
Clippers-Spurs Game 1です!

Pacersは一矢報いることが出来るのか。
そしてClippersはLakersのように
7-game seriesの疲労は残っているのか。
注目です。

____________________________

ブログランキングにご協力ください!
ブログを続ける励みになります!
こちらをクリックするだけ
   ⇒にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへにほんブログ村
____________________________



posted by mas at 03:00| Comment(0) | NBA全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。